一般のお客様・
患者様の方へ

導入薬局のご紹介

レジーナ薬局青山店 薬局長

薬局様のプロフィール

  • レジーナ薬局青山店様(東京都港区南青山二丁目13番11号マストライフ南青山1階)
    hoppe導入歴 4か月(取材時)

    オフィスコーヒーで業界シェア第1位の(株)ユニマットライフの4店舗目の調剤薬局として2009年に開局されたレジーナ薬局青山店様。
    「ゆとりとやすらぎ」をコンセプトとした洗練された内装が特徴です。
    ゆったりとしたロビーでおいしいコーヒーをいただきながらお薬の準備を待つことできます。

  • 薬局外観

電子お薬手帳の導入を決めたきっかけを、薬局長にお聞きしました。

電子お薬手帳を始めた理由

  • 電子お薬手帳を導入した理由は2つあります。
    1つめは、紙のお薬手帳を持ってくることを忘れてしまう患者様がとても多いこと。
    お薬手帳の持参がないと、現在飲んでいるお薬やこれまでのアレルギー歴などの確認で患者様にお時間をいただいてしまい、患者様と薬剤師双方にとって負担になっていました。
    また2つめの理由として、平成28年度の診療報酬改定によりお薬手帳を定期的に持参していただくと患者様の薬剤服用管理指導料の負担が軽くなるようになったので、以前にも増して「患者様のお薬手帳の持参率を上げる」ということを意識するようになりました。
    患者様目線で考えると、紙のお薬手帳をいつも持ち歩くということはやはりなかなか難しいので、意識せずとも毎日持ち歩くスマートフォンにお薬手帳の機能を備えることができるのはとても良いと思いました。

  • 薬局内

hoppeの良いところ

  • hoppeは系列店ですでに導入している店舗があったので、青山店でも導入を決めました。
    正直に言うと、最初は薬剤師一人ひとりがうまく使えるだろうかという不安もありましたが、hoppeではコールセンターが用意されているので、そちらに一つひとつ問い合わせができました。
    問題解決になかなか時間がかかることもありましたが、人に直接質問ができるのが一番嬉しいです。
    また、今後ハイブリッジの電子薬歴「Hi-story」とのデータ連携ができるようになるようなので、薬剤師の利便性がさらに高まりそうでとても楽しみにしています。

  • 薬局内

    レジーナ薬局新宿店他、全9店舗でhoppeを導入しています。

hoppeの患者様へのご紹介方法

  • お会計の際にリーフレットを見せながら、薬剤服用管理指導料についての話と一緒にhoppeのご案内をすると、その場で「使います」と言ってくださる患者様が多いです。
    やはり定期的にご来店いただいている患者様の反応がとてもいいですね。
    新患の方でも、普段薬局に来る機会が少なく、お薬手帳を使う習慣がない方からこそ「スマホならいつも携帯している」というメリットをご説明すると共感していただきやすいです。

  • 薬局内

患者様に一言

  • レジーナ薬局青山店では、ユニマットリケンオリジナルのサプリメントもご用意しております。
    美容が気になる方は、ぜひご相談ください!

  • 薬局内

導入薬局のご紹介一覧を見る

ページTOPへ ▲