薬局・
医療機関の方

導入事例

タカトリ薬局 大財店様/高取 幸司先生

薬局様のプロフィール

  • タカトリ薬局 大財店様(佐賀県佐賀市大財3−5−12)

    佐賀県佐賀市に2店舗を構えるタカトリ薬局様は、本店を明治16年に、大財店を昭和53年に開局されました。
    今回ご紹介する大財店は、整形外科からの患者様を中心とした調剤薬局様で、医療機関からの処方箋の調剤と共に、患者様からのご相談内容に合わせ、漢方やサプリメントを中心とした漢方慢性病相談や、OTC医薬品のご紹介をされています。

  • タカトリ薬局 大財店様

hoppeの患者様へのご紹介方法

タカトリ薬局大財店様では、患者様へのhoppeのご紹介を、以下のような取り組みにて行われております。詳しいお話を、高取幸司先生にお聞きしました。

  • 高取幸司先生
  • 患者様に興味を持って頂くため、薬局内の患者様待合室に、hoppeの“パンフレット”と“ぬいぐるみ”を置いています。
    興味をお持ちになり、パンフレットをご覧頂いた患者様に、薬剤師からhoppeをご紹介させて頂いております。

  • 問診票
  • 問診票に、電子お薬手帳に関する質問項目を設けました。
    電子お薬手帳を“詳しく知りたい”に〇をつけた患者様に、薬剤師からhoppeをご紹介させて頂いております。

これらの取り組みを続けた結果、hoppeをご利用になる患者様が順調に増えてきています。

hoppeの今後の活用方法

  • 今後は、『患者様向けメッセージ機能』を利用する予定があります。
    患者様一人ひとりに、毎日メッセージを送ることにより、お薬に関する疑問や不安を取り除く事に利用したいと思います。
    また、『お先に処方せん機能』は、私からhoppeに要望を出していた、“処方せんが届いたら、音が鳴る”“アプリ内でデータ送信が出来る”といった新機能が追加されたため、使い勝手が良くなったので、今後は患者様にご紹介をさせて頂きます。
    『お先に処方せん機能』を患者様にご利用頂き、患者様の利便性の向上を図る事で、“患者様に選ばれる薬局”に繋げていきます。

  • 薬局内

導入事例一覧を見る

ページTOPへ ▲